花見を楽しむための基礎知識

花見団子

花見に関連するものの1つに花見団子があります。これはその名の通り、花見の時に食べる団子で、3色で作られています。3色というのは、桜の色であるピンク、雪の色であり、白酒の色である白、よもぎの色である緑で、去りゆく冬、そして春の風物詩桜、その後来るべきよもぎが咲く夏を表現しているのです。

また、ピンクを赤とし、縁起物の色である赤と白に加え、邪気を払ってくれる緑で縁起が良く、神様が喜ぶ色ともされており、神様と共にたべることができる食べ物とも言われています。さらに、春と冬と夏の色のみで、秋がないことから飽きないとも言われています。

では、この団子というものはそもそもいつから食べられるようになったのでしょうか。実は、団子というもの自体はかなり古くから食べられており、遡ること縄文時代には、どんぐりの実やクヌギを粉状にしたものを水にさらし、丸めて団子として食べていたと言われています。

そして、花見団子が食べられるようになったのは、やはり今の花見のルーツとも言われる、豊臣秀吉が開いた京都での大宴会醍醐の花見だったのです。これが庶民にも広がっていったとされています。

この花見団子で誰もが耳にしたことがあることわざがあることでしょう。それは「花より団子」です。これは、もともとメインの目的である花見よりも、その時に食べる団子や、それに伴う宴会での食べ物などに関心を持っている状態を指し、風流さよりも実利をとるということを、たとえて言います。これほど、花見団子は、花見との関係が強く、私達の中にも強く刷り込まれているものなのです。