花見を楽しむための基礎知識

桜前線

花見の季節になるとよく耳にする「桜前線」という言葉、桜前線とはいったいどのようなものなのでしょうか。そもそも、桜前線とはマスコミが気象予報などでよく使用する造語で、気象庁などが使用する正しい言葉としては、「さくらの開花予想の等期日線図」と言います。

この桜前線が意味するものは、一言で言うと、各地の桜の開花予想日を日本地図上に入れ、同じ日で結んだもので、この桜前線を見ると、九州南部で3月下旬に開花し、その後、順番に北上していき、最後となる北海道で5月上旬に開花するという様子を窺い知ることができます。

桜の開花に関するデータは、東北・北海道・北陸・関東甲信・東海・近畿・中国・四国・九州の9エリアに分け、3月の第1水曜日に測定され、それから毎週水曜日に測定、修正といった流れで、4月末までの間に8回測定されるようになっています。

この時、明らかに気温に差があると思われる沖縄や奄美地方は外されることとなります。この時、データ収集の対象となるのはソメイヨシノで、出てきたデータをもとに、開花予想は過去の開花日と、前年秋から半年間の平均気温とを照らし合わせるという方法によって導き出されます。こうして出てきた開花予想の開花とは、だいたい、つぼみが5個くらい開いた状態を指すとうことです。

そして、この桜前線や開花予想からは、各地域で花見を楽しめる期間を推測することができます。データ収集には入らなかった沖縄・奄美地方では長めの16日程度、東海・関東地方から九州までのエリアは7日程度、北陸・東北地方では5日程度、北海道では4日程度といったように、北上するほど、桜を楽しめる期間は短くなっていきます。これには、南方面は常に温暖な気温・気候ですが、北方面は急激に暖かくなるという、開花時期の気温差が関係していると考えられます。