花見に関連する作品

桜や花見に関連する能の代表作と言えば、「熊野(ゆや)」があります。作者は不明で、著書「歌舞髄脳記」に「遊屋」の記述があることから、作者は金春禅竹とも推測されている作品で「平家物語」の巻十にある「海道下(かいどうくだり)」という場面から発展させたとも言われています。

内容は、平家の全盛期を舞台にし、平宗盛が威勢よく名乗りをあげるところから始まります。そして、この宗盛のもとに、愛妾である熊野からから、母の病が重くなったので、母に会うため遠江国に顔を出したいという手紙が届きます。

その手紙を読んだ宗盛は、宗盛は今年の桜を熊野と一緒に見て、熊野を元気づけたいと考え、共に花見に出掛けることになります。花見の宴会が始まり、熊野は呼び出され、花見をしている皆を楽しませるため、桜の頃の清水を讃えながら、舞っている時、村雨が花を散らしてしまいます。

そこで、「いかにせん都の春も惜しけれど、馴れし東の花や散るらん」と故郷と、そこにいる母を思った句を詠むと、宗盛も感じ入り、暇を許し、母のもとへの出立を許すという流れです。

花見という春独特の風景を舞台に、この話が描かれていることで、よりドラマチックに、熊野の心の動きを優しく、切なく表現することを可能にしています。

このように、春の桜、そしてそれを愛でる花見の風景というのは、美しいものをさらに美しく、そして優しい柔らかな雰囲気を持って、しかしながらその花の命の短さから受けるはかなさや切なさをも表現することができます。そのため、作品の舞台・内容にうまくフィットさせることで、作品の味を何倍にも高めることができるのです。