日本クレジット協会という組織について

日本クレジット協会について聞いたことがある方もおられると思います。クレジット取引に関係する事業者が適正な業務運営をすることや、消費者利益の保護を目的とし、平成21年4月に設立されたのが日本クレジット協会です。最近では、クレジットカードを持たないという人はほとんどいなくなっています。クレジットカードはそれだけ人々の間に深く浸透したと言えるでしょう。

日本クレジット協会ではクレジット取引に関する自主ルールを決め、消費者が安心してクレジットを利用できるようにさまざまな取り組みを行っています。日本クレジット協会の会員となっている団体の数は、900以上を数えます。たくさんの金融系企業や銀行、クレジット・カード会社が会員になっています。日本クレジット協会は、クレジットに関する消費者相談・苦情の対応にあたる窓口を開設しています。消費者相談室は消費者とクレジット企業の間で和解案を作成するなど、苦情や相談に対応しています。

日本クレジット協会では、クレジットにまつわる基礎知識をわかりやすく説明したホームページを作り、消費者からの質問に対してQ&A形式で回答をしています。学校でクレジットに関する教育をするというような消費者教育への支援も行っています。企業などにおけるクレジットをテーマとしたセミナー等に、 講師としてクレジットカウンセラーを派遣することもしています。日本クレジット協会は、クレジットに関する活動をさまざまな形で積極的に展開しています。