低炭水化物でダイエットをする方法

炭水化物の摂取量を抑えることで体脂肪を減らすという、低炭水化物ダイエットが注目されています。では、どのようなことをすると低炭水化物ダイエットが成功するのでしょう。

一般的には200~300グラム一日に取り入れていた炭水化物を、1/10程度にまでカットします。糖分の代わりに脂肪がエネルギーの素となるので、肥満になりにくくなるとされています。最初の2週間は、一日20グラム以上の炭水化物を摂取しないようにします。これで、体内の炭水化物が全てエネルギーとして使われます。最初の2週間が過ぎたら、徐々に炭水化物の摂取量を戻していきましょう。こまめに体重をチェックして、どのくらい炭水化物を増やしたら体重が増えたかを確認します。

炭水化物の量を戻す際には、野菜メインの食生活になるように注意をします。炭水化物が多いうどんやパンは、始めの頃はメニューに組み入れないようにします。炭水化物量が少ないチーズ類などの乳製品、肉類、魚貝類、卵なども食事で摂取することができます。アルコールやカフェイン、糖分の入った飲み物は禁止です。目標体重に近づいたら体重が安定する量まで少しずつ増やしましょう。体重がふえないようにするためには、砂糖や白米を使ったおやつは避けるようにしましょう。炭水化物ダイエットを成功させるためには、水分をこまめに補充することや、栄養の偏りをなくすことが大事です。